So-net無料ブログ作成

十角館の殺人 -綾辻行人- [本]

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を
大学ミステリ研の七人が訪れた。

館を建てた建築家・中村青司は、
半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。

やがて学生たちを襲う連続殺人。
ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける。

87年の刊行以来、
多くの読者に衝撃を与え続けた名作が新装改訂版で登場。

**************************************

登場人物が多いから、どうしようかと思った。
この人たちの名前と行動や個性を覚えていかな
あかんのかな、なんて思いながら、ダラダラと読んでた。

ほんなら、すっかり騙されてた。
こっちは、話の展開とかを意識するけど、
それ以前に、最初からつまずいてたなんて。

よくできた話ではある。
動機もよくあるパターン。
でも、犯人に驚いた。

最後、犯人自ら事件の回想をしてくれたから、
助かった。

あと、エピローグ、これがあってほんまに最後やなと思った。
読み終わった後、プロローグをもう一度読み返したら、
全てが繋がった。

杜撰な計画と犯人は言うてたけど、全て実行に移し成功した。
ただ、気持が追い付いてなかった。
自分の行いの審判がこんなに早く下されるとは。





十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

  • 作者: 綾辻 行人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/10/16
  • メディア: 文庫


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黒いマヨネーズ -吉田敬(ブラックマヨネーズ)- [本]

妄想と現実の狭間で、
時に怒り、時に涙しながら、
人の世の不条理と栄枯盛衰を綴る、
天才コラムニスト・ブラマヨ吉田敬の
猛毒エッセイ58篇。

**************************************

お笑い芸人の中で、ブラマヨは大好き。
なぜなら、2人とも面白いから。
それでもどっちかと言うたら、吉田が好き。

常に愚痴や文句を言うてるように見えて、
それが的を射ているから、聞いてて納得する。

綺麗ごとを言わんと、自分はどう思われようとも、
ハッキリと物事を言うのが好き。

話の展開も面白いし、誰も想像しない事を言う。
この本は、そんな思いつかへん、
けど、言いたい事はわかる、みたいなエッセイを
面白く、感動もさせ、この考え方は天才!
みたいなのがいっぱい詰まってた。









黒いマヨネーズ

黒いマヨネーズ

  • 作者: 吉田 敬
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: 単行本


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誘拐遊戯 -知念実希人- [本]

ゲームマスターからの挑戦状
愛する人を守れるか!?

東京。白金に暮らす女子高生が誘拐された。
身代金は5000万円。

犯人を名乗るのは、
4年前の女子中学生誘拐事件の犯人「ゲームマスター」。

交渉役には元警視庁刑事・上原真悟を指名。
ゲームマスターのミッションを果たすべく、
上原は池袋、豊洲、押上など、東京中を駆け回るが。。。

衝撃の結末が待つ犯罪サスペンス!

**************************************

目次が、
・プロローグ
・第一章 ゲームスタート
・第二章 ゲームオーバー
・エピローグ

この4つしかない。
メインは2つ。

第一章を読み終わった時、
事件はある意味で終わってしまったのに、
まだ半分のページが残ってる。

それぐらい、ゲームスタートの内容が濃かった。
ビックリした。
これからどう進んでいくの?って思った。

ほんなら、新たな展開が。
最後は、ゲームオーバーになったかもしれんけど、
私の中では、最後が衝撃と言うか、そういう展開ありえる?
って思える感じの衝撃やった。

ゲームスタート、めちゃくちゃ面白かった。
ゲームオーバー、最初から最後まで犯人が勝ってた。









誘拐遊戯 (実業之日本社文庫)

誘拐遊戯 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 知念 実希人
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: 文庫


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

恋のゴンドラ -東野圭吾- [本]

浮かれ気分の不倫旅行がいきなりの大ピンチ!?

都内で働く広太は、
合コンで知り合った桃美とスノボ旅行へ。

ところがゴンドラに同乗してきた女性グループの一人は、
なんと同棲中の婚約者だった。

ゴーグルとマスクで顔を隠し、
果たして山頂までバレずに済むのか。

やがて真冬のゲレンデを舞台に、幾人もの男女を巻き込み、
衝撃の愛憎劇へと発展していく。

**************************************

面白かったー。
読みやすくて、どんどん引き込まれていった。

1話1話完結やねんけど、人は続いてたり、
また登場してきたりといろいろ。

それにしても、ありそうでなさそうで、
やっぱりありそうな状況。
最後の一つ前の「ニアミス」なんて奇跡やわ。

何かこの夫婦、特に旦那がクセ者やけど、
最初と最後にえらい目にあった女性が可哀そすぎる。

この子、何も悪くないのに。
せっかく幸せを手に入れようとしてるのに。
切なかった。





恋のゴンドラ (実業之日本社文庫)

恋のゴンドラ (実業之日本社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2019/10/04
  • メディア: 文庫


nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

6月31日の同窓会 -真梨幸子- [本]

「案内状が届くと死ぬ」
その伝説が現実に!?

伝統のある女子校・蘭聖学園の卒業生が連続死する。
OGの弁護士・松川凛子は、死亡した女たちが、
存在しないはずの「6月31日」に開催される
同窓会の案内状を受け取っていたことを突き止める。

やがて凛子にも案内状が届き。

悪意が渦巻く女の友情と学園の闇が深まる中
たどりついた真相とは。

先読み不能、一気読み必至の長編ミステリー。

**************************************

どうしよう。。。
ついに、最後まで読んでも、
内容がわからん本に出会ってしまった。

まぁ、一気に読まんかったからと、
登場人物が多くて、頭がごっちゃになったからか。

自分の中で、苦手な書き方。
回想シーンから始まり、次は何十年後で、
登場人物それぞれの出来事が続く。

ずっと物語が続いていくものなら、
読みやすいねんけど、
脳がどんどん衰えてきてるんかも。

ネットでネタバレを見ても、理解不能やった。
イヤミスは苦手や。





6月31日の同窓会 (実業之日本社文庫)

6月31日の同窓会 (実業之日本社文庫)

  • 作者: 真梨 幸子
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2019/02/07
  • メディア: 文庫


nice!(24)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

危険なビーナス -東野圭吾- [本]

独身獣医の伯朗のもとに、かかってきた一本の電話。
「初めまして、お義兄様っ」。

弟の明人と最近、結婚したというその女性・楓は、
明人が失踪したといい、伯朗に手助けを頼む。

原因は明人が相続するはずの莫大な遺産なのか。
調査を手伝う伯朗は、次第に楓に惹かれていくが。

恋も謎もスリリングな絶品ミステリー。

**************************************

帯に、
「最初にいったはずです。
彼女には気をつけたほうがいいですよ、と」
と書かれていて、この楓という人が怪しいと思ってたら、
実は。。。

主人公は獣医で診察場面も出てくるねんけど、
ちょっとしたペット事情も盛り込まれてて、
インコ以外飼った事がない私からしたら、結構面白かった。

でも一番面白かったのは、最後の一行。
この本は、締め切りが迫ってて作家は焦ってたんかな、
ってぐらい、よい意味で適当さを感じた。






危険なビーナス (講談社文庫)

危険なビーナス (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2019/08/09
  • メディア: 文庫


nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

何様 -朝井リョウ- [本]

生きるとは、
何者かになったつもりの自分に裏切られ続けることだ。
直木賞受賞作「何者」に潜む謎がいま明かされる。

光太郎の初恋の相手とは誰なのか。
理香と隆良の出会いは。
社会人になったサワ先輩。
烏丸ギンジの現在。
瑞月の父親に起こった出来事。
拓人とともにネット通販会社の面接を受けた学生のその後。

就活の先にある人生の発見と考察を描く6編。

**************************************

「何者」が面白かったから「何様」も読んでみた。
6編の中に、面白いものと難しいものがあった。

言いたい事がわかるようで、やっぱりわからんくって。
「何者」に潜む謎がいま明かされる。とあったけど、
謎自体がわからんままなので、
明かされても何を明かされたんかが理解できひんかった。

就活の先にある人生の・・・とあるが、
大昔すぎて、そっから働きすぎて、
かけ離れすぎてしまったんかな。

若い頃にネチネチと悩んでた事が、
今となれば大した事なかったと言うのだけは、
声を大にして言える。

まぁ、今は今で悩みっぱなしやけど。





何様 (新潮文庫)

何様 (新潮文庫)

  • 作者: 朝井 リョウ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/06/26
  • メディア: 文庫


nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

臨場 -横山秀夫- [本]

臨場-警察組織では、事件現場に臨み、
初動捜査に当たることをいう。

操作一課調査官・倉石義男は
死者からのメッセージを的確に?み取る。

誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、
また、殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。

人呼んで、「終身検査官」。
組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、
ストイックに描いた傑作警察小説集。
全八編。

**************************************

よくそんな事に気づくなー、
なんて感心しながら読んだ。

一編目の「赤い名刺」、これが一番面白かった。
調査官の倉石以外に、もう一人の調査官、被害者、犯人、
この繋がりが絶妙。

犯人が知らず知らずに犯したミスも
読んでて見逃してたけど、言われたら、あー、ってなった。

調査官の倉石は、厳しい顔ばかりじゃなく、
少しでも一緒に働いてた部下に対して、
自分の完璧な仕事よりも、その部下の為を想って行動する
優しい一面もあって、すごい人やなと思った。

何編かは、全く理解ができへん事もあったけど、
最初の話がほんまに短編やのに、ぐっときた。






臨場 (光文社文庫)

臨場 (光文社文庫)

  • 作者: 横山 秀夫
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/09/06
  • メディア: 文庫


nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

64(ロクヨン)下 -横山秀夫- [本]

記者クラブとの軋轢、
ロクヨンをめぐる刑事部と警務部の全面戦争。

その狭間でD県警が抱える爆弾を突き止めた三上は、
長官視察の本当の目的を知り、己の真を問われる。

そして視察前日、最大の危機に瀕したD県警を
さらに揺るがす事件が。

驚愕、怒濤の展開、感涙の結末。

**************************************

こんな展開、想像もできひん。
最終的に全てが繋がる納得の内容。

<上>では、何を読まされてるんやろ、
って思うところもあったけど、
最後まで読んでみて、
こんな濃い小説はないなと思った。

話の流れも素晴らしいねんけど、
登場人物もよかった。

初めて部下ができたと思えた瞬間。
この人の下でもう一度働きたいと思わせる上司。

小説だけじゃなくそれを演じてる人を観たいと思った。
ピエール瀧、観れるやんな。





64(ロクヨン) 下 (文春文庫)

64(ロクヨン) 下 (文春文庫)

  • 作者: 横山 秀夫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/02/06
  • メディア: 文庫


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

64(ロクヨン)上 -横山秀夫- [本]

元刑事で一人娘が失踪中のD県警広報官・三上義信。
記者クラブと匿名問題で揉める中、
昭和64年に起きたD県警史上最悪の
翔子ちゃん誘拐殺人事件への警察庁長官視察が決定する。

だが被害者遺族からは拒絶され、
刑事部からは猛反発をくらう。

組織と個人の相克を息詰まる緊張感で描き、
ミステリ界を席巻した著者の渾身作。

**************************************

みんなみんな、面白いって言うし、
ネットの口コミも点数高いし、
上下巻あるから読む気なかったけど、読んでみた。

広報官と記者とのやりとり。
何読まされてんるやろ、とはじめは思ったけど、
どんどん引き込まれていった。

加害者を匿名で発表する広報官と
実名を言えと迫る記者。

現実にも、内々でもみ消されてるものもあるんかな、
なんて思いながら読んでた。

新たな進展とかも出てきて、一体何の話なんかなと
思うところもあるけど、それだけ下巻が楽しみになった。

淡々とした内容でも、ずっと読み続けられる本ってすごい。






64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

  • 作者: 横山 秀夫
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/02/06
  • メディア: 文庫


nice!(22)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感