SSブログ
前の10件 | -

展覧会 岡本太郎 -大阪中之島美術館- [美術・芸術]

まず、大阪中之島美術館に初めて行ってきた。
駅からも近くて広くて綺麗で。
また1つ新たな美術館で学べるなんて嬉しい。

大阪中之島美術館01.jpg大阪中之島美術館02.jpg


入り口目指して歩いてると、猫が現れた。
「SHIP'S CAT」

SHIP'S CAT.jpg

美術館に入ると、中は広い空間。
朝一に行ったから、人は多かったけど並ぶことはなかった。

展覧会 岡本太郎01.jpg

音声ガイドは阿部サダヲさん。
これもどんな風にガイドしてくれるんか楽しみやった。

展覧会 岡本太郎02.jpg

早速、ズドーンと出てきた。
でも、シンプルに自画像を描いてることもあってんやと驚き。

展覧会 岡本太郎03.jpg展覧会 岡本太郎04.jpg


ただ、観ていくとやっぱり岡本太郎ワールドに引き込まれる。
でもガイドや説明文を見ると、意図がちゃんとあって、
わかりやすかった。

展覧会 岡本太郎05.jpg展覧会 岡本太郎06.jpg
展覧会 岡本太郎07.jpg展覧会 岡本太郎08.jpg


画だけじゃなく、オブジェのたくさん。
ほんまいろんなものを創作してるなと思った。

展覧会 岡本太郎09.jpg展覧会 岡本太郎10.jpg


「座ることを拒否する椅子」
うん、こりゃ座りづらいわ。笑える。

展覧会 岡本太郎11.jpg展覧会 岡本太郎12.jpg


隣に並んで写真撮ってる人おったけど、
撮ってあげよっかと言われたけど、とりあえず遠慮した。

展覧会 岡本太郎13.jpg

他にもたくさんのオブジェがいっぱい。
正直、画よりもオブジェのイメージしかない。

展覧会 岡本太郎14.jpg展覧会 岡本太郎15.jpg
展覧会 岡本太郎16.jpg展覧会 岡本太郎17.jpg


太陽の塔が頭いっぱいにあるからかな。
それしか知らんから。

展覧会 岡本太郎18.jpg展覧会 岡本太郎19.jpg
展覧会 岡本太郎20.jpg展覧会 岡本太郎21.jpg


でも、画も1枚1枚迫力があって、まさに「芸術は爆発だ」と思った。

展覧会 岡本太郎22.jpg展覧会 岡本太郎23.jpg



見終わって大満足して、階段を下りていったら新たなオブジェが。
「ジャイアント・トらやん」

ジャイアント・トらやん01.jpgジャイアント・トらやん02.jpg


でかい。間近で見るとちょっと迫力とは別の怖さがある。
何でやろ、胸に何かおる。

ジャイアント・トらやん03.jpg

台風の影響とか危なかったけど、無事行けてよかった。
いろんな作品が観れてよかった。面白かった。

展覧会 岡本太郎24.jpg展覧会 岡本太郎25.jpg



【展覧会 岡本太郎のサイト】
http://taro2022.jp/







nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

BUON GRANDE ARIA(ボーングランデアリア) [お店]

ランチでイタリアンを食べた。
テラス席もあるねんけど、
その日は台風の影響で外には出れへんかった。

●本日の前菜3種盛り合わせ & 自家製パン
BUON GRANDE ARIA(ボーングランデアリア)01.jpg

パンが温かくてふわっふわで美味しかった。

●本日のパスタ
BUON GRANDE ARIA(ボーングランデアリア)02.jpg

具材は忘れたけど、白ワインのソースが美味しかった。

●本日のメインディッシュ
BUON GRANDE ARIA(ボーングランデアリア)03.jpg

魚と迷ったけどやっぱり肉にした。
うん、普通。

そんなことよりも、
写真の撮り方一つでこんなに見栄えが違うんかと気づかされた。

BUON GRANDE ARIA(ボーングランデアリア)04.jpg

●本日のドルチェ(デザート)
BUON GRANDE ARIA(ボーングランデアリア)05.jpg

一瞬で無くなったけど、美味しかった。

今ぐらいなら、テラス席で気持ちいい風を受けながら楽しめるんかな。
夜に来たらまたガラリと雰囲気が違うみたい。


【BUON GRANDE ARIAのサイト】
https://buongrande.jp/







nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

からあげクン 日本一しょうゆ味 -ローソン- [食べ物・飲み物]

久しぶりにからあげクンを食べたくなったので、
ローソンに寄った。

ほんならビックリ。
買い方まで変わってた。

私の知ってる買い方は、レジでからあげクンと言って、
店員がからあげクンを持ってきてくれる。

それが、からあげクンの置き方が何か違和感。
前に高校生がおって、その子を見てたら、
普通に自分で扉を開けて欲しい商品を取ってる。
ソースやケチャップなども自分で取る。
それをレジに持っていってお会計。

へー、コロナが流行して、何でも自分でするようになったのか、
それとも、もっと前からそういうシステムに変更されてたのか。

私も高校生に倣って、からあげクンを取る。
本当は、レッドが食べたかったのに無かった。
なので次に美味しそうな、初めて見る日本一しょうゆ味にした。

からあげクン 日本一しょうゆ味.jpg

レジに持っていくと、パッケージの蓋を閉じてシールを貼ってくれる。
そこは店員が触るんや。
まぁ、別にいいけど。

ほんで味はというと、めちゃくちゃ美味しかった。
しょうゆの濃い味。
5個なんてあっちゅう間。

ふとパッケージを見た。
「イラスト入りのからあげクンが隠れているかも・・?」

いやいや、もう食べ終わってるし。
食べる前にパッケージの前後をマジマジと見る人おるんかな。

まぁ、一緒に1個1個食べながら、おしゃべりしながら、
ふとパッケージ見るみたいな、学生ならあるんかな。

とりあえず、相変わらずからあげクンは美味しかった。


【ローソンのサイト 揚げ物のページ】
https://www.lawson.co.jp/recommend/original/fry/







nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ASTRORICO × 宮沢和史 Special Concert -ラブリーホール- [CD・コンサート]

高校生の時、THE BOOMが大好きやった。
何度もコンサートに行って楽しんだ。

月日がたち、久しぶりにコンサートに行ったけど、
知らん曲もいっぱいあって、普通に音楽を聴いて終わった。

それから、THE BOOMは解散した。
ほんで今は、息子の宮沢氷魚さんが活躍してる。

何で知ったか忘れたけど、このコンサートを知った。
久しぶりにミヤの声を聴きたいと思い行ってきた。

ASTRORICO × 宮沢和史 Special Concert01.jpg

まずは、ASTRORICOが登場。
タンゴなんて全然知らんと思ってたら、
1本目から聞いたことのある曲を演奏してくれて感動した。

ずっと聴いてると、なぜか、かたせ梨乃が頭に浮かんできた。
サスペンスで何か事件や進展があったら流れる雰囲気。

生の演奏が久しぶりで、しかもタンゴは初めて聞くし、
四重奏の音色が心に響いた。
最後に演奏してくれた曲も知ってて嬉しかった。

次に、ミヤが出てきた。
ピアノ演奏者とともにギターを弾き語り、懐かしい曲や名曲、
昔よく聞いてたアルバムの曲も歌ってくれて、もう最高。

最後に、「ASTRORICO × 宮沢和史」のセッション。
これもまた聴き入ってしまった。

この日のために、今までの歌詞ではなく、
書き換えて披露してくれた歌もあって、あれはよかった。

アンコールでは島唄をタンゴ演奏で歌ってくれた。
これは、ずっと沖縄のメロディーが残ってるから、
ちょっと難しいような、陽気な、そんな雰囲気で
すぐには慣れへんかったけど、
でも、こんなコラボもないと思うから貴重な時間やった。

ASTRORICO × 宮沢和史 Special Concert02.jpg

昔行ってたコンサートは米粒ぐらいやったのに、
今回は、目と目が合うぐらい(コンサートあるある)近かった。

THE BOOMのCDを引っ張り出して、久しぶりに聴いてみようと思った。
素敵な一時やった。

ASTRORICO × 宮沢和史 Special Concert03.jpg極東サンバ.jpg



【ASTRORICO × 宮沢和史 Special Concertのページ】
https://lovelyhall.com/event/2022/220923_astrorico/220923_index.html

【ASTRORICOのサイト】
https://www.astrorico.com/index-j.html

【宮沢和史のサイト】
http://www.miyazawa-kazufumi.jp/index.html







nice!(21)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

国税庁からの連絡 [出来事]

ついにこの日がきてしまった。
インターフォンを鳴らされるんかと思ったら、メールできた。

「あなたの所得税がまだ納付されてません」

テレビとかのイメージでは、
何億、何十億の納めるべきお金を納めてない人の家に入り、
隠してるお金はどこにあるのかを調べる、みたいな。

それがメールで簡単に連絡がくる時代。
もちろん、これは迷惑メールやねんけど、
詐欺グループは会議とかで、次は国税庁のタイトルでいきましょうか、
とか話し合ってるんかな。

それとも、個人のひらめきで、
上の断りなく、どんどん文章を作って送信してるんかな。

今は、こんなんで誰が騙されるんやろと思っちゃうけど、
いつか、自分の抱えてる悩みと合致したメールがきて、
めちゃくちゃ焦ってお金を振り込んでしまう時期がくるんかな。

なんせ相手はいろいろ学習するやろうし、
こっちはどんどん衰えていくやろうし。

まぁ、振り込むお金がないことが救いかな。







nice!(18)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

スーパードライ 生ジョッキ缶 -アサヒ- [食べ物・飲み物]

ずっと見たことなかったのに、
ふと、箱が山盛り積まれてあるのを目にした。

うぉー、これが噂の生ジョッキ缶。
もしかしたら、もう前から普通に在庫あったんかな。
こっちが忘れてただけで。

ビールなんてめったに飲まへんけど、
とりあえず何本か纏めて買ってみた。
ほんで冷蔵庫で冷え切った時に飲んでみた。

スーパードライ 生ショッキ缶01.jpg

開け口がいつも見てるのとは違うくて広い。
意外と開けるのが難しくて、手こずってたら泡がもこもこと。

全部開いてないのに、泡だけ飲むはめに。
でも、缶では味わえへんクリーミーな泡がいっぱい出てきた。

スーパードライ 生ショッキ缶02.jpg

何とか開けきって、ビールを飲む。
泡以前に、ビールが苦くなくてめちゃくちゃ飲みやすい。
これには驚いた。

これなら、飲めるかもと思える味やった。

しかも、缶を手で包んだら泡が復活してくる。
ちょっと温度を上げると泡が出てくるみたい。

缶でクリーミーな泡を楽しめて、ビールも飲みやすくて、
いつもと違う缶ビールを味わえた。










nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

贖罪の奏鳴曲 -中山七里- [本]

御子柴礼司は被告に多額の報酬を要求する悪辣弁護士。

彼は十四歳の時、
幼女バラバラ殺人を犯し少年院に収監されるが、
名前を変え弁護士となった。

三億円の保険金殺人事件を担当する御子柴は、
過去を強請屋のライターに知られる。

彼の死体を遺棄した御子柴には、鉄壁のアリバイがあった。
驚愕の逆転法廷劇。

贖罪の奏鳴曲 -中山七里-.jpg

**************************************

よく、こんなストーリーを考えるなと思った。
まさに、どんでん返しな内容。

法廷劇も面白いのに、この中に、
御子柴礼司の生い立ちも盛り込まれてあるのが、
更に面白くさせた。

いろんな展開が詰まってるのに、
最後は散らかることなく纏まってて、すごいなと思った。

めちゃくちゃ分厚い文庫本でもないのに、
ここまで濃い内容は久しぶり。





贖罪の奏鳴曲 御子柴礼司 (講談社文庫)

贖罪の奏鳴曲 御子柴礼司 (講談社文庫)

  • 作者: 中山七里
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/12/13
  • メディア: Kindle版








nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

中村佑介20周年展 -大阪芸術大学スカイキャンパス- [美術・芸術]

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットで
初めて知った。

中村佑介20周年展00.jpg

いや、まだその時は、
かわいいジャケットとしか思ってなかった思う。

でも、このイラストが続くうちに、
アジカンと言えばコレと認識するようになった。

そっか、中村佑介って人が書いてたんや。
ということで、中村佑介20周年展に行ってきた。

中村佑介20周年展01.jpg

たくさんの作品がズラリ。
デザインの発想もすごいけど、何よりも色味が綺麗。

中村佑介20周年展02.jpg中村佑介20周年展03.jpg


いろんな色味を使ってるのに、ごちゃごちゃせず見れる。
この色とこの色は合うとか、2色、3色の話じゃない。

中村佑介20周年展04.jpg中村佑介20周年展05.jpg


全て計算されてるんやろうけど、
いざ全体を見た時、何の違和感もなく、
目立つ色から落ち着いた色まで、スーっと目に入ってくる。

中村佑介20周年展06.jpg中村佑介20周年展07.jpg


原画も一緒に展示されててんけど、描きはじめはザックリやのに、
よくそこから、こんなものに完成されるなと感心した。

中村佑介20周年展08.jpg中村佑介20周年展09.jpg


次に、小説の表紙。
そっか、本屋でも見たことある。

中村佑介20周年展11.jpg中村佑介20周年展10.jpg


さだまさしさんのCDジャケットまで描いてるんや。
存在感がすごい。

中村佑介20周年展12.jpg中村佑介20周年展13.jpg


まさか、音楽の教科書まで。
これを持ってるだけで、授業が楽しくなりそう。

中村佑介20周年展14.jpg中村佑介20周年展15.jpg


他にもいろんなところで、描かれてた。
似顔絵も似てるし。
キャラクターとのコラボもかわいい。

中村佑介20周年展16.jpg中村佑介20周年展17.jpg
中村佑介20周年展18.jpg中村佑介20周年展19.jpg


展示数が多く、見ごたえがあったけど、とにかく色味に感動した。
クリアファイルもプレゼントしてくれて、得した気分。

中村佑介20周年展20.jpg


【中村佑介展のサイト】
https://www.yn-ex.com/







nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あべのハルカスのトイレ [新発見]

あべのハルカスからの通天閣。

通天閣.jpg

あべのハルカスで、買い物の階ではなく、
オフィスが入ってる階のトイレに立ち寄った。
それはそれは綺麗なトイレやった。

お昼過ぎに入ったら、その階のオフィスで働いてる人が、
化粧直しや歯磨きをしてた。

手を洗ってトイレから出ようと、ふと壁を見たら、
小さい正方形のロッカーみたいなのが、壁に埋め込まれてた。

ガチャガチャを回すダイヤルと同じものが、
その正方形のロッカー1つ1つに付いてる。

ふと思った。
もしやこれは、化粧ポーチなどを入れておく、
個人ロッカーなんかなと。

私の職場のトイレは、置く場所がないから、
常に持ってトイレに行く。
強引な人は、流し台の端っこに置いてる人もおる。

それが、あべのハルカスでは、
トイレに常備できるロッカーがある。

まぁ、ダイヤルを回して開けた訳でも、
誰かが使ってるのを見た訳でもないねんけど、
勝手に想像してみた。

もし、そうやとしたら、数に限りはあるけど、
めちゃくちゃ便利やと思った。

今のオフィスビルのトイレは、
これが普通なんかな。







nice!(20)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

鉄板酒場 犇屋 -天王寺MIO店- [お店]

昔、天満にある犇屋には行ったことがあって、
犇屋は焼肉屋と思ってた。
それが気づいたら、犇屋でも鉄板酒場なるものができてた。

このお店のローストビーフ重を食べてきた。
数量限定なんて焦らすやん。

はらみステーキ丼とめちゃくちゃ迷ってんけど、
卵黄に負けた。

ローストビーフがお重からはみ出してる。
ビジュルアルがすごいねんけど、
器って中に納まって初めて安心すると言うか、
もちろん、ちゃんと綺麗に洗ってくれてるとは思うねんけど。

ローストビーフ重01.jpg

味は美味しかった。
気持ち、ローストビーフは薄かったけど、
その分、柔らかかった。

しかも、上には卵黄だけじゃなく、味変できるアイテムが乗ってる。
これは嬉しい。

濃厚な王道の味もあれば、サワークリームみたいな酸味があったり、
何が乗ってるかは卵黄しかわからんかったけど、美味しかった。

お重も深さがあって、ご飯大盛りやご飯おかわり自由らしいけど、
普通でもお腹いっぱいになった。

ローストビーフ重02.jpg

味噌汁が赤だしやったんも、さらに嬉しかった。


【鉄板酒場 犇屋 天王寺MIO店の食べログサイト】
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270203/27078143/







nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -